秋の長雨、その時期

目安時間:約 5分

Pocket

 

秋の長雨とは?

秋の長雨、そんな言葉を御存知でしょうか。

 

読み方は「あきのながあめ」ではなく「あきのながさめ」。

 

スポンサーリンク

 

 

9月の中旬頃から10月の上旬頃にかけて、停滞した前線が降らす雨のことを指します。

 

他の呼び方として、秋雨(あきさめ)、秋霖(しゅうりん)、すすき梅雨などとも呼びます。

 

 

梅雨前線と秋雨前線

 

梅雨前線と秋雨前線、ともに雨を降らす前線という意味では同じです。

 

どちらかといえば、梅雨前線のほうが強力な前線ということができ、

 

雨を降らす量も梅雨前線のほうが多いです。

 

秋雨前線で雨が多く降る印象が強いのは、

スポンサーリンク

 

台風の時期と重なり、台風が降らす豪雨と

 

秋雨前線が被る為だと思われます。

 

とはいえ、梅雨とは違い豪雨を降らすこともある秋雨前線。

 

特にこの時期は気をつけなくてはなりません。

 

 

ちなみに北海道には梅雨がありませんが、秋雨はあります。

 

北海道の場合、時期のせいもあり秋雨が雪になることも。

 

梅雨と違って明確な始まり・終わりはなく、

 

気象庁も特に発表はしません。

 

秋の長雨が終わると…

 

秋の長雨の始まりは、夏の終わりを意味します。

 

そして、秋の長雨が終わると、本格的に秋です。

 

この鬱陶しい雨がなくなったら秋が来る、と考えれば

 

気分も多少は晴れるのではないでしょうか?

 

 私の見解

 

秋の長雨、梅雨と比べると風流で好きです。

 

梅雨ってひたすらジメジメしてますけど、秋の長雨って

 

比較的カラっとしてるじゃないですか。

 

気温の問題だと思うんですけどね。

 

とはいえ、土砂降りになる可能性が高いのは頂けません。

 

まあ、大抵の場合台風が原因なんですけど。世の中から台風なくなれ!

 

 

電車は全て地下を走ればいいんです。そうすれば電車が風で止まることもないでしょう。

 

街の景観もよくなるし、一石二鳥じゃないですか。

 

地下に水が流れ込む?排水するシステムを作ればいいんです!

 

もしくは地下に水が流れ込まないようなシステムを作ればいいんです。

 

 

何が言いたいかというと、雨自体は嫌いじゃありませんが、大雨は嫌ですよね。

 

大雨をもたらしやすい秋の長雨はその分梅雨より嫌われ者だと思います。

 

でも、梅雨にしろ秋の長雨にしろ、雨ってのは基本的に天からの恵みなんです。

 

雨がふらなかったら、ダムは枯れ果て、草木も枯れ果て、生き物もカラッカラに干からびてしまいます。

 

よく、雨の降ったあとにミミズのミイラを見るたびに思うんです。雨って恵みの雨なんだなと。

 

雨が延々と振り続けるのと、ひたすら日差しが照り続けるのだったら、前者のほうがマシじゃないですか。

 

 

そう考えれば、雨だってそんな嫌うこともないんじゃないかなと思います。

 

恵みの雨、そう考えられれば少しは雨の日の気分も晴れるかな?

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ