内々定とは?内定との違いって何?

目安時間:約 6分

Pocket

 

内々定とは?

 

内々定ってどんな意味なのでしょうか?

 

内定とはどう違うのでしょうか?

 

ここではその内定と内々定の違いについて紐解いていきます。

スポンサーリンク

 

 

 

まず、内定ですが、これは正式な労働契約を交わした状態を指します。

 

双方ともに合意している状態ですね。

 

 

一方内々定は、正式な労働契約を交わしていない状態を指します。

 

企業からの一方的な通知のことを指す場合が多いです。

 

 

内々定の取り消しとその罰則は?

 

内々定の取り消しに罰則が与えられた判例は今のところありません。

 

企業側の恣意的な意図で取り消されても文句は言えません。

 

一方内定の場合、相当の理由がない限り認められないケースが多いです。

 

大きなトラブルを起こしたり、企業側が危機的な経営難になったりですね。

 

そういった場合を除き、内定の取り消しは滅多にありませんが、

 

内々定の取り消しは比較的あり得るケースとなります。

スポンサーリンク

 

 

 

内定取り消しのよくあるケース

 

労働者側に理由がある場合、主に以下のケースがあります。

 

内定をもらったにも関わらず単位が足らず留年した場合

当然内定は取り消されます。

 

内定前後で大きな問題を起こした場合

犯罪は言わずもがな、様々な理由で内定の取り消しとなるケースはあります。

 

面接や履歴書に嘘を書いて、それがバレた場合

当然ながら嘘を書いてはいけませんね。

これがバレると、内定取り消しの要因となりえます。

 

 

 

民間企業と公務員の内定の違い

 

民間企業の内定の場合、相当の事由がない限り企業側が内定を一方的に取り消すことはできません。

 

一方公務員の場合、内定に法的拘束力は一切ありません。

 

公務員の内定が取り消される理由は一般的に以下のような物があります。

 

予想外に退職者が少なかった場合

欠員募集として募集していた場合、席が足りなければ一方的に取り消されることがあります。

 

 

最終試験を合格しても採用されない場合もある

内定通知書には但し書きとして、採用されない場合があると明記されています。

 

犯罪を犯した場合

当然ですが、交通違反などの軽犯罪でも内定が取り消される場合がありますのでご注意ください。

 

 

内々定を辞退する場合

 

内々定は内定とは違い拘束力がない為、辞退することができます。

 

とはいえ、相手の会社がせっかく出してくれた内々定ですから、

 

こちらもマナーを持って辞退しなければなりません。

 

早めにメールや電話で辞退の意思を伝え、理由をはっきりと伝えましょう。

 

その際、感謝と謝罪は忘れないようにしましょう。

 

 

 

私の見解

 

内々定とはいえ、断りづらいもの。

 

でも、本命の会社から内定をもらったら、素直に辞退するしかありません。

 

その際は、失礼のないようにしたいものです。

 

電話で伝えられればベストですが、慣れてない人はメールでも構いません。

 

ただし、ネットで見つけたテンプレコピペのような適当なメールを送ってはいけません。

 

あくまで真摯にメールを書き、ビジネスマナーを守って、正しい敬語で、正しい形式で書きましょう。

 

そうすれば、相手もわかってくれるはずです。

 

就職活動は大変ですが、内々定をもらえるようになると俄然やる気がでてくるもの。

 

そのやる気を力に変えて、是非自分の希望する会社に就職してほしいものです。

 

私のように一社にしか申し込まなければ悩むこともないのですが、そうも言ってられないのが現実。

 

内々定をもらったら、早めに返事を出すようにしましょう。

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ