心理的瑕疵物件とは?

目安時間:約 5分

Pocket

 

住居探しはいろいろな条件を加味していいところを探すわけですが、

 

結構大変ですよね。

 

間取り、立地、築年数、家賃、交通の便などなど…考慮すべきことはたくさんあります。

 

ここで、もう一つ考えなければいけない点があることをご存知ですか?

 

 

 

それは、瑕疵です。もっと具体的に言うと、心理的瑕疵ですね。

 

さて、心理的瑕疵とはなんのことなのでしょうか?

スポンサーリンク

 

心理的瑕疵物件とは?

 

心理的瑕疵がある物件のことを、心理的瑕疵物件といいます。

 

心理的瑕疵というのは、その名の通り心理的な瑕疵です。

 

そもそも瑕疵ってなんなの?って話ですが、意味としては

 

瑕疵(かし)とは、通常、一般的には備わっているにもかかわらず本来あるべき機能・品質・性能・状態が備わっていないこと。法概念としても用いられる。(Wikipediaより)

スポンサーリンク

 

となっています。そして、心理的瑕疵物件とは、簡単にいうと、自殺他殺のあった物件ということになります。

 

心理的瑕疵の告知義務って?

 

さて、不動産屋で物件を購入あるいは賃貸する時、心理的瑕疵の有無は気になりますよね。

 

結論から先にいうと、事故物件の告知に明確なルールはないというのが現状になります。

 

つまり、告知はあくまで任意であって、義務はないということですね。

 

とはいえ、判例なども加味すると、直近に起こった自殺や他殺は基本的に

 

告知するのが一般的なルールとなっています。

 

いつまでを直近とするかは議論の余地がありますが、

 

一般的には2年以内に起こったものなら告知する必要があるとされるようです。

 

また、自殺や他殺の起きた直後の入居者へは告知の必要があるとされる場合が多いですが、

 

二人目以降にはその必要はないとされる判例もあります。

 

さらに、隣接する住戸には告知の必要はないとされるようです。

 

 

心理的瑕疵物件の見分け方

ストレートに不動産業者に「過去に自殺や他殺があったか」を聞くのが手っ取り早いですが、

 

聞きにくいときは調べる方法があります。

 

大島てるというサイトがあり、こちらで調べると事故物件を全て調べることができます。

 

国内唯一と言われる事故物件検索サイトで、これで希望の物件で過去に事故が起こっていないか

 

調べることができます。

 

私の見解

 

幽霊を信じていない私でも、事故物件には住みたくないのが正直なところ。

 

気持ち悪いじゃないですか。誰かが死んだあとの部屋に住むなんて。

 

最近では心理的瑕疵の告知も一般的におこなわれるようにはなりましたが、

 

まだまだ秘匿する業者があるのも現実。

 

いっその事ルール化し、法整備して明確な基準を作ったらいいと思うんですよね。

 

二人目ならOKとか2年以降ならOKとかそんなのもなくしてしまえばいいと思います。

 

不動産業者からすれば事故物件は頭を抱える存在でしょうし、いかに事故物件でも

 

人を住まわせられるかが手腕だと思いますが、嘘や誤魔化しはいけませんよね。

 

 

あなたも、新しく住居を探すときは心理的瑕疵がないかどうかチェックされることをおすすめします。

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ