ぜんざいの由来とは?

目安時間:約 5分

Pocket

 

寒くなってくると温かいものが食べたくなってきますね。

 

甘くて美味しいぜんざいは日本人の口によく合う甘味となっています。

 

さて、ぜんざいとはいいますがぜんざいってどんな言葉が由来なのでしょうか?

 

また、お汁粉とは何が違うのでしょうか?ぜんざいの謎について紐解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ぜんざいの由来

 

ぜんざいの由来は諸説あります。代表的なものは、仏教用語である善哉(よきかな)を由来とするものです。

 

これは「ぜんざい」とも読むことができ、ぜんざいの語源とされています。

 

一休宗純が初めて食べたとされ、このあまりの美味しさに「善哉」と叫んだことが由来とされています。

 

ちなみに、「善哉」とは、仏が弟子を褒める時に使う言葉だそうです。

スポンサーリンク

 

 

ぜんざいとお汁粉の違い

 

ぜんざいとお汁粉は、似て非なるものです。

 

まず調理方法が違います。

 

ぜんざいは、小豆と砂糖を煮詰めて作るものであるのに対し、お汁粉はこしあんを汁でのばして作るものです。

 

もちを入れるか白玉を入れるかは区別に関係ないそうです。

 

ちなみに、関西と関東でこの区別の仕方はぜんぜん違うものになります。

 

関西では、一般的につぶあんのものがぜんざい、こしあんのものがお汁粉とされています。

 

しかし、関東では、汁気のあるものは全てお汁粉。つぶあんだろうとこしあんだろうと関係ありません。

 

なので、関東の人と関西の人では認識に差異があるものと考えておかねければなりませんね。

 

 

出雲ぜんざいとは?

 

ぜんざい発祥の地とされる出雲。そこで生まれた出雲ぜんざいにはある特徴があります。

 

通常ぜんざいは小豆と砂糖を煮詰めたものですが、出雲ぜんざいはそこに塩を入れます。

 

甘みと塩気が同時に混在し、汁気が多いのが出雲ぜんざいの特徴です。

 

出雲にはぜんざいストリートとも言えるぜんざいの専門店が立ち並ぶ道があり、

 

ぜんざい発祥の地として有名です。

 

 

沖縄県のぜんざい

沖縄県では、一風変わった食べ物がぜんざいと呼ばれています。

 

砂糖あるいは黒糖で甘く似た金時豆にかき氷をかけたものがぜんざいと呼ばれます。

 

元々は「あまがし」という緑豆と大麦を甘く煮て冷やした食べ物でしたが、冷蔵庫の普及とともに

 

かき氷をかけるようになったとされています。

 

宮古島には、「宮古ささげ」を使った宮古ぜんざいなるものもあります。

 

 

 

 

私の見解

ぜんざい、美味しいですよね。作るのが大変なので余り食べられませんが。

 

お汁粉とぜんざいの違い、余り気にしていませんでした。

 

作り方からして違うってことは別の料理ってことなんですね。

 

関東では、お汁粉の素は売っていてもぜんざいの素は売っていません。

 

なのであまりぜんざいは馴染みのある料理ではないんですが、機会があれば食べたいですね。

 

そういえば、アメリカ人は小豆が苦手なんだそうです。大豆を甘く煮るなんてありえない!ということなんだそうな。

 

我々からすれば小豆はポピュラーで、あんこはあんぱんやあんまんなどに代表される

 

甘みの代表的な存在ですが、文化の違いってのはこんなところにも現れるんですね。

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ