インスタ映えはバカらしい!?世間から冷たく見られている4つのパターン!

目安時間:約 5分

Pocket

 

 

最近話題になっている「インスタ映え」というワード。

 

ちょっと前までは、携帯やスマホで写真を撮る事を「写メ」と言っていましたが、

 

最近の若者は「インスタ」と呼ぶんだそうです。

 

別にインスタにアップしない写真でもインスタと呼ぶらしいです。この点は写メと同じですね。

 

さて、昨今話題になっているインスタ映え。

 

要は、写真映りが良い写真を取ろう!ってことなんでしょうが、やりすぎる人が急増しています。

 

今回は、世間から冷たい目で見られている人がどんな人か解説します。

スポンサーリンク

 

 

①買ってもいないのに買ったように見せかける

 

最近レコードショップなどでよく見かける光景。

スポンサーリンク

 

商品を選び、気に入ったジャケットなどがあるとそれを手に取り、

 

写真を撮ってもらって、商品は買わずに戻す。

 

こういった行為をする人が増えています。

 

単純にお店側に迷惑になるだけでなく、傍から見てもよろしくないのでやめましょう。

 

②買った商品をすぐポイ捨てする

 

インスタ映えするアイスなどを購入し、写真を取ったらもう用済みとばかりに捨てる人がいます。

 

食べ物を粗末にしてはいけません。

 

昔ビックリマンチョコが流行った時に、シール目当てで購入しウェハースは捨てている人がいましたが、

 

あれと同類です。きちんと食べましょう。

 

③危険な行為をする

登ってはいけないところに登ったり、立ってはいけないところに立ったり、

 

インスタ映えを気にするが余りついやってしまうことですが、危ないのでやめましょう。

 

最近だと、神戸メリケンパークにできた「BE KOBE」という文字のモニュメントに登って写真を撮る人が急増。

 

2メートルを超えるモニュメントなだけに危険ですし、人が登る用にできていないので壊れる危険性もあります。

 

他にも、山口県の角島大橋で車道に出て写真を撮る人が多くいます。絶対にやめてください。

 

④迷惑行為をする

 

危険な行為にもつながるのですが、例えばIKEAのショッピングカートに自ら乗り込んで

 

店内を走り回ったり、ディズニーランドで座り込んだり。

 

子供でもそんなことしません。常識がないと疑われてもしょうがないので、やめましょう。

 

どうしてもやりたければ、プライベートなスペースでやりましょう。

 

公共の場ではやめましょう。

 

 

私の見解

 

昨今話題になっているSNS映え写真。

 

Twitterなら大喜利大会になるようなネタ写真が受けるし、インスタグラムならかっこいい、かわいい感じが受けるそうです。

 

どちらにしても、人に迷惑をかけていい理由にはなりません。

 

TwtterやFacebookで、コンビニのアイスケースに入って写真を撮る人や、

 

業務用冷蔵庫に入って写真を撮るアルバイト店員がいましたね。

 

そこまで酷いのは最近余り見られませんが、それに近いことをする人が増えているのも事実。

 

写真映えするかっこいい写真を撮りたいと思うのは結構ですが、マナーをわきまえてほしいものです。

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ