クリスタにipad版が登場!漫画描き垂涎の逸品とは!?

目安時間:約 5分

Pocket

 

 

クリスタことクリップスタジオペイントとは、セルシス社が提供するペイントソフトの一つです。

 

その中でも、上位版であるクリップスタジオペイントEXは、

 

ペイントソフトでありながら旧来のコミックスタジオのマンガ用機能を揃えたソフト。

 

漫画描き御用達の一品であるわけですが、そのクリスタEXのipad版がついこの間発売されたとのことです!

スポンサーリンク

 

 

クリスタとは?

クリップスタジオペイントプロ、略してクリスタプロとは、イラストを描くために特化したペイントソフトです。

 

そしてその上位版、クリップスタジオペイントEX、略してクリスタEXは、マンガを描くために特化したペイントソフト。

 

マンガを描くためのあらゆる機能が搭載されており、漫画描きにとっては必須のアイテムです。

 

例えば吹き出し機能、集中線、トーン貼りなどなんでもデジタルでできてしまいます。

スポンサーリンク

 

そもそもレイヤーの機能自体がアナログマンガ描きにはない機能。それだけでもかなり便利なのに、

 

これらマンガを描くための必須ツールが全てデジタルでできるとあって、漫画描き垂涎の逸品となっています。

 

クリスタがipadで使える、ということ

そんなクリスタがipadで使えるというわけです。これは革命的なことです。

 

今までは液晶に直接入力するタイプのペンタブ、液晶タブレット(通称液タブ)は

 

高額(安いものでも4万から、高いもので単独で使えるものとなると20万)だったこともあり

 

なかなか手が出ないという方も多かったわけですが、

 

これからはipad proさえ購入すれば、普通のタブレットと液タブがセットになったようなものが

 

らくらく手に入るというわけです。

 

しかも反応も安い液タブより良いとなれば、絵描きは買わない手はない、という話になるでしょう。

 

これからは、ipadが液タブの代わりとなることでしょう。

 

いつでもどこでもマンガが描ける

 

ipadはそれ単体でも十分な性能を持ったタブレット端末です。

 

そこで、イラストだけでなくマンガも描けるようになる。非常に革新的なことです。

 

実際に必要なアイテムとしては、まずipad本体。

 

そして、ipadペンシルが必要になります。

 

そしてクリスタEXを月額課金すれば揃います。

 

 

 

全部合わせても、10.5インチのipadproなら10万以下で揃えられます。

 

この金額で、マンガを描く為の環境が全て整うとなれば、買わない手はありません。

 

 

 

 

私の見解

 

今まで使っていた液タブよりはるかに便利なアイテムが誕生してしまいました。

 

クリスタはもともと使っていたので、慣れています。

 

また、コミスタも使っていたので、その点も問題なく。

 

つまりは、使うための障壁が何もない状態です。買わない手はない。

 

10万の出費ですが、パソコンを買うのに比べたら安いものですし、

 

今後はipad+クリスタEXでマンガを描く人が増えることでしょう。

 

購入次第使い心地をレビューしたいですね。

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ