お年玉の相場!小学生から大学生まで、いくらぐらい?

目安時間:約 4分

Pocket

 

お正月といえば、お年玉の時期ですね。

小中学生の皆さんは、この時期になると楽しみでワクワクするのではないでしょうか。

さて、このお年玉ですが、現在の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

甥や姪に渡すことを前提として、

年代別に分けて調べてみました。

スポンサーリンク

0~3歳時のお年玉の相場

そんな小さな子供にも渡さないといけないのか?と思われるかもしれませんが、

子供に渡すというより付き合いのある相手として

大人へ渡すと言った感じです。

 

出産祝いを別に渡しているのであれば、相場は大体1000円から2000円程度。

スポンサーリンク

友人の子供なら、落とし「玉」にかけて500円でもいいでしょう。

 

 

小学校低学年のお年玉の相場

甥や姪に渡す金額として、どれくらいが相場なのか?

これに関してはいろいろと意見もあるようなのですが、

平均的な相場は大体3000円という意見が多いようです。

小学校1年生なら500円とかでも許されるかもしれませんね。

 

小学校高学年のお年玉の相場

高学年にもなると、甥や姪でも相場はぐっとアップ。

3000円から5000円ぐらいまで上がるといった意見が多いようです。

さすがに500円や1000円では納得しないということでしょう。

おじやおばからすれば痛い出費となりますが、

1年に1回のことですし大目に見ましょう。

 

中学生へのお年玉の相場

ここまでくると、流石に安くは抑えられないお年玉出費。

相場としては、5000円から10000円とかなりグレードアップ。

1万円ともなると親戚が多い人はなかなか手痛い出費となるのではないでしょうか?

とはいえ、中学生にもなると下手なものをあげるより

お金のほうが喜ばれるのが事実…。

いろいろと買いたいものもあるでしょうし、1年に1回なので

奮発してあげるのがいいでしょう。

 

高校生へのお年玉の相場

高校生になると、バイトもできるようになるため、

人によっては渡さないという選択肢も出てくるようです。

ですが、基本的には学生のうちはあげるのが常識のようですので、

非常識と思われない為にはあげておいたほうが無難かもしれません。

高校生の相場は、中学生より若干上がり、10000円以上ということが多い模様。

5000円でもまあダメではないでしょうが。

 

大学生へのお年玉の相場

大学生にまでお年玉をあげるのはちょっと違うのでは?とは思います。

あげるとすれば、久しぶりにあった親戚とか、

バイトもしていなくてお金に困っているとか、

何かしら事情がある場合だけでいいと思います。

相場としては、やはり1万円が圧倒的ですね。

逆に3000円とか半端な額をあげるぐらいならあげないほうがいいでしょう。

もっとも、大学生にお年玉となると

相手のプライドの問題もあると思うので、

そこは相手の親ともいろいろと話し合ったほうが良いかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ