節分って本当はいつ?節分の意味とウソとホント

目安時間:約 4分

Pocket

 

 

2月3日といえば節分。皆さんそう思っていると思います。

ですが、実際は2月3日が節分とは限らないということをご存知でしょうか?

今回は、節分にまつわる嘘と本当を詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

節分の時期のウソとホント

さて、節分といえば2月3日だと思っている方が大半だと思います。

ですが、そもそも節分というのは年に1日ではないというのは余り知られていません。

節分の本来の意味は各季節の始まりの日の前日

スポンサーリンク

つまり、1年に4回あるんです。

立春、立夏、立秋、立冬の前日が節分に当たるんですね。

ただし、江戸時代以降は特に立春の前日のみを節分というようになったようです。

 

では、立春の前日は常に2月3日なのかというと、そんなことはありません。

1985年から2024年頃までは常に2月3日ですが、

2025年以降は閏年の翌年に2月2日になります。

1984年より前だと、閏年の翌年に2月4日になっていました。

 

どうしてこうなるかというと、立春の前日が節分と決まっているからです。

立春は太陽黄経が315度となる日であり、天体の軌道予測と絡むため、

毎年変化するということなのです。

数十年のスケールで徐々に前倒しになっていきますが、

4で割り切れても閏年にならない年に帳消しになります。

 

豆まきのウソとホント

 

豆まきの掛け声といえば、普通「福は内、鬼は外」です。

一般的にはこれで正しいのですが、一部寺社では

「福は内、鬼は内(鬼も内)」というところがあります。

これは、鬼を祭っていたり鬼を神の使いとしている寺社限定なのだそうです。

 

また、撒いた豆は後で拾って自分の年の数だけ食べますが、

ここで一つ多く食べると風邪を引かなくなり体が丈夫になる

という習わしがあるところもあるそうです。

 

恵方巻きのウソとホント

恵方巻きとは、節分のときにその年の恵方を向いて

無言で食べると縁起がいいとされる巻き寿司のことです。

 

発祥は大阪ですが、元々知名度は低く、セブンイレブンが

全国的に展開したことで知名度が一気に上がり全国に広がりました。

 

しかし、恵方巻きという名称こそなかったものの、同じ物は

セブンイレブンより前に小僧寿しが全国展開していました。

最も、これは余り知名度は上がらず、流行らなかったようです。

 

また、前述した通り節分は年に4回あるというところに着眼した

一部店舗が、夏や秋の恵方巻きを売り出したりもしているようです。

スーパーではイオン、コンビニではファミリーマートが展開し、

他社も追随し始めているようです。

 

 

 

節分、商業的イベントも多くなりましたが、

昔ながらのイベントである豆まきも楽しみましょう。

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ