バレンタインデーとチョコの意味…その由来は?

目安時間:約 5分

Pocket

 

もうすぐバレンタインデーですね。

女性から男性へ意中の人へ送る本命チョコに

義理チョコ、女性同士で贈り合う友チョコなど

いろいろな形態でチョコを贈り合う為

チョコレート業界でにわかに活気が出る時期です。

 

 

さて、バレンタインデーにチョコを贈るようになったのはいつからなのでしょうか?

また、バレンタインデーの本来の意味と由来はなんなのでしょうか?

今回はバレンタインデーの謎について迫ってみます。

スポンサーリンク

 

バレンタインデーの由来

一説によると、起源は太古ローマの時代に遡ります。

当時のローマ皇帝クラウディウス二世は、兵士たちの士気が下がるとして

兵士たちの婚姻を禁止していました。

 

それに対し、ウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密裏に兵士たちに

婚姻をさせていました。

それに気づいたローマ皇帝は、それをやめさせようとします。

スポンサーリンク

 

最後まで屈しなかったウァレンティヌスは、処刑されてしまうのですが、

その処刑された日が2月14日。

その日は古くからローマで女神ユーノーの祝日であり、

その女神への供物として捧げられたとされています。

 

その日を記念して、恋人達の日として2月14日をバレンタインデーとしたとのことです。

バレンタインが死んだ日、というのがなんだか皮肉ですね。

バレンタインデーにチョコレートをあげるようになったのはいつか?

日本ではバレンタインデーにチョコレートを贈るのが一般的になりました。

さて、これはいつからなのでしょうか?

チョコレート業界の陰謀などとよく言われますが、事実は違うようです。

 

元々、商業的にバレンタインデーを流行らせようと商業的な活動が行われたのは事実です。

いくつか説がありますが、

古い広告で「バレンタインデーにチョコを贈ろう」というものがあったのも事実ではあります。

しかしなかなか定着しませんでした。

 

バレンタインデーに何かを贈るという慣習が根付き始めたのは1970年代でした。

元は小中高生から流行り始め、最初はチョコレートに限ったものではなかったのですが、

1970年代後半には女子が意中の相手に本命チョコを渡す

という慣習がにわかに根付き始めました。

それが大人へも伝わり、現在に至ると言われています。

 

元々は若者発祥の文化だったようですね。

 

そもそも日本以外ではチョコレートを贈らない?

西欧、米国ではそもそもチョコレートを贈る慣習はありません。

女性が男性に送るという習わしもなく、男性女性ともにお互いに

贈り物をする日となっています。

 

贈るものは、花やケーキ、カードなど。一応イギリスなどでは

チョコレートを贈ることもあるようです。

 

バレンタインデーにちなんだ○○デー

有名どころはまず日本のホワイトデー。

ホワイトデーが日本独自の文化であることを知らない方もいるかもしれません。

これは完全に商業的なイベントに過ぎず、何の由来もありません。

 

その他、柑橘業界が提唱するオレンジを贈り合うオレンジデー、

バレンタインから88日後で別れを切り出すのに最適とされるメイストームデーなど

よくわからないものもありますが、全く浸透していません。

 

 

また、韓国ではブラックデーなるものもあります。

恋愛に無縁な人たちが集まって炸醤麺やブラックコーヒーを飲むそうです。

 

国独自のいろんな文化があるんですね。

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ