ヒヨドリとムクドリの違いとは?その鳴き声は?

目安時間:約 4分

Pocket

 

ヒヨドリは日本でも馴染み深い野鳥の一種ですね。

その特徴的な鳴き声が秋の到来を教えてくれます。

さて、ヒヨドリとよく似たムクドリ。

ヒヨドリとムクドリにはどんな違いがあるのでしょうか?

今回はそんな二種類の野鳥の違いについて解説します。

スポンサーリンク

 

ヒヨドリとは?

ヒヨドリはスズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ族に分類される鳥類です。

日本以外でもサハリン、朝鮮半島南部、台湾、中国南部、フィリピンの北部に分布していますが、

日本以外だと余り数は多くありません。

スポンサーリンク

全長約27.5センチ。翼を広げると約40センチになります。

 

里山や公園などの樹上に生息し、鳴き声は「ヒーヨ!ヒーヨ!」と甲高く

鳴きます。和名はこの鳴き声に由来するという説も。

朝方には「ピッピ、ピピピ」と鳴くこともあります。

 

果実や花の蜜を食べ、繁殖期には昆虫も食べますが、非繁殖期の殆どは

果実を食べることが多いようです。

 

人によく慣れ、平安時代は貴族の間でよく飼われていたそうです。

 

ムクドリとは?

 

ムクドリは、スズメ目ムクドリ科ムクドリ族に分類される鳥類。

全長約24センチで、ヒヨドリより一回り小さいです。

 

日本全国に分布し、他に中国、モンゴル、ロシア東南部、朝鮮半島などにも生息しています。

 

雑食で、果物や虫などを食べます。

椋の木の実を好んで食べることから椋鳥と名付けられましたが、

これに限らずいろんな木の実を食べます。

 

鳴き声は「ギャーギャー」「ギュルギュル」「ミチミチ」などと鳴きます。

 

大きな群れを作って生息し、特に都市部では大量のムクドリによる

鳴き声による騒音や糞による糞害が社会問題化しています。

 

元々は農作物に害をなす虫を食べる益鳥とされていましたが、近年は

群れをなして農作物を荒らしたり前述の通り鳴き声による騒音などで

害鳥と扱われることが多くなりました。

 

ヒヨドリとムクドリの違い

 

見た目の大きさはあまり変わらず、尾まで含めるとヒヨドリのほうが

若干大きい程度です。

くちばしの色で見分けるのが一般的で、

ヒヨドリはくちばしと足が黒っぽいのに対し、

ムクドリはくちばしと足が黄色っぽいのでわかります。

 

鳴き声もだいぶ違うので、そこでも聞き分けができそうです。

どちらも狩猟鳥に指定されており、狩猟の対象とすることが可能です。

ただし、公園などで捕獲してはいけません。

捕獲するなら、個人の敷地内で行わなければいけません。

 

ちなみに、捕獲は可能な狩猟鳥ですが、

日本では野鳥の飼育は原則として禁止されています。

野鳥を飼うのは基本的に禁止なので、気をつけてください。

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ