三寒四温っていつ?その時期や使い方を解説!

目安時間:約 6分

Pocket

 

三寒四温って知ってますか?

聞いたことはあるけど、よく意味はしらない、

もしくはいつのことを指すのかよくわからないといった方も

多いんじゃないかと思います。

今回は三寒四温について

詳しく解説します!

 

 

 

スポンサーリンク

三寒四温の本来の意味

三寒四温とは、冬の時期、3日寒い日が続いた後

4日暖かい日が続くことをいいます。

そのまんまですね。

 

寒暖の周期のことを指しており、

元中国の北東部や朝鮮半島北部で冬の気候を示すことわざとして

用いられてきました。

冬のシベリア高気圧から吹き出す寒気が7日ぐらいの周期で、

強まったり弱まったりすることに由来する言葉と言われています。

一般に寒い日は晴れで、暖かい日は天気が悪いとされています。

日本と三寒四温

日本の冬では、”3日間寒い日が続いた後に4日間暖かい日が続く”

という周期で気温が上下することはほとんどありません。

 

その代わり、日本では早春になると低気圧と高気圧が交互にやってきて、

低気圧が通過し寒気が流れ込んで寒くなった後、

今度は高気圧に覆われて暖かくなり、

周期的な気温の変化を繰り返すことが多くなります。

スポンサーリンク

 

このため、日本においての『三寒四温』という言葉は、

本来使われる冬ではなく、寒暖の変化がはっきりと現れる春先に用いられています。

 

 

三寒四温の逆は?

さて、3日寒い日が続いて4日暖かい日が続くのが三寒四温。

その逆の言葉はなんでしょうか?

三寒四温の逆だから四寒三温?

そう思って調べてみましたが、

どうやら逆の言葉、対義語は存在しないもよう。

 

三寒四温の誤用

 

三寒四温をよく誤用している方がいます。

春先に、だんだん暖かくなっていく様を見て

「三寒四温の季節だなぁ」などと言うのは完全な誤用です。

でも、三寒四温は寒い日と暖かい日が半々ぐらいで続く状態なので、

そういう状態になっていればある意味正しいともいえます。

 

本来は冬の言葉ですが、言葉が一人歩きして、秋口に使われたり

春先に使われたりといろいろな使い方が広まっています。

遠い先、秋の三寒四温だったり春の三寒四温だったりがあるかもしれません。

 

三寒四温の例文

三寒四温を使った例文を幾つか紹介します。

主に、手紙の書き出しなどで使うようです。

 

  • 三寒四温の候、皆様におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

 

大体こんな具合に書くと、「おっこの人は言葉を知っているな?」と

思われるかもしれません。

ただし、使う時期は大事です。

誤用の通り、秋に使ったり春に使ったりすると間違いになってしまいます。

 

 

しかし、言葉は変化するもの。現代では春先に使うことが多いことから、

相手がこの言葉を春先の言葉と認識していると、齟齬がでてしまいます。

 

冬の言葉だからといって、真冬に使っても、日本で真冬に三寒四温になることは

めったにありません。

そのため、結局誤用と知りながらも春先に使うのが正しいということになります。

 

 

季節を表す数字を使った言葉

 

三寒四温以外に季節を表す数字を使った言葉を紹介します。

 

五風十雨(ごふうじゅうう)

五日に一度風が吹き、十日ごとに雨が降る、農耕に適した天候のことをいいます。

 

九夏三伏(きゅうかさんぷく)

夏の一番暑い時期のことです。
「九夏」は夏の季節の九十日間を指します。

 

 

三寒四温を英語で言うと…

最後に、三寒四温を英語でいうとどうなるか、説明します。

 

cycle of three cold days and four warm days

 

これで、三寒四温という意味になるそうです。

最も、アメリカやイギリスに三寒四温はあまり馴染みがないので、

英訳しても使いみちがないかもしれませんが…。

中国などでも英語が通じる場所はあるので、

一応使えなくはないかもしれませんね…。ご参考までに。

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ