手伝いと助けるの違いとは?英語で言うとどうなる?

目安時間:約 4分

Pocket

 

 

日本語の難しいところは、似た意味でも全然違う言葉があること。

「手伝う」と「助ける」もまた混同しやすい言葉ということができるでしょう。

さて、この2つの言葉、漠然と意味は理解しているけれど、

実際にどう違うのか余り意識したことない方も多いのではないでしょうか?

今回は、この似た意味の2つの言葉について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

 

 

手伝いの使い方、意味

「手伝う」という言葉は、協力して何かを成し遂げる時に使う言葉です。

基本的には、手伝われる側が主で、手伝う側が副。

あくまで補助をしてあげるだけで、メインは手伝われる側です。

英語で言うならば、assistだとかhelpとかsupportとかで訳される言葉です。

スポンサーリンク

例文を挙げるならば、

「私は彼女の家事の手伝いをした」

「彼の引っ越しを手伝う」

などのように使います。

 

助けるの使い方、意味

一方、「助ける」という言葉は、手伝いとは意味が大分異なります。

英語でいうとsaveとかrescueのように訳されるこの言葉の意味するところは、

手伝いより大分重要度の高い事柄であったり、

相手とは違う行動をして結果的に相手が良くなるようにすることをいいます。

例文を挙げるならば、

「私は彼女の命を助けた」

「彼の助けがなければ今私はここにいない」

といったような使い方ができます。

 

「助ける」と「手助け」の違い

 

助けるという言葉の意味はわかりました。では、手伝いと助けるが

混じったような「手助け」という言葉。

これはどんな意味なのでしょうか?

辞書で調べてみると、

手伝うこと。また,手伝いとして役に立つこと。 「店の仕事を-する」
三省堂 大辞林より

となっており、ほぼイコール手伝いという意味となっています。

これが日本語の難しいところで、

「助け」という言葉が入っているにも関わらず、

「手助け」となると、手伝いと同程度の意味となるわけです。

 

「救う」と「助ける」の違い

 

ここまでくると禅問答のようになってきますが、

この2つの言葉は基本的には同じ意味として使われています。

英語に訳すならば、救うがsave、助けるがrescueでしょうか。

 

ニュアンスとしては、救うは救う側と救われる側にある程度の

立場や地位の差がある事が多いようです。

救世主、なんて言葉もあるように、救う側はある程度

救われる側より強いか、上位の者であったりするようです。

例文を挙げるならば、

「国王は国民の窮地を救った」

のようになるでしょうか。

 

一方助けるは、同位の者でも成立するイメージです。

援助、助力、助ける、これらは大体同じような意味で、

立場の同じ人同士の間で行われる事柄を指す事が多いようですね。

 

 

スポンサーリンク


カテゴリ:雑学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

人気記事一覧

まだデータがありません。

カテゴリー

ページの先頭へ